夜食を控えましょう

夜食を控えましょう

短期間で痩せることを目標にしている人は、夜食をやめるようにしましょう。食事のバランスは大切です。夕食もできるだけ減らす方が良いのです。
これは、日中に比べて夜の方が身体を動かさないので、カロリーの消費が少ないためです。食事で摂取したカロリーの消費されなかった分は脂肪に変わってしまいます。夜食を食べてしまうと、どうしても使われないカロリーが生じてしまうので、その分のカロリーが脂肪に変わるのです。
しかし、仕事の時間や活動時間の関係で、どうしても夜食を食べないとお腹が空いてしまうという人もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような人が夜食を食べないと決めてしまうと、ストレスにつながってしまいます。
こうした事情で夜食を摂る人は、寝る直前に食べることをやめましょう。寝る前の2時間、できれば3時間は何も食べないように心がけます。
お腹が空いて眠れずに夜食を食べてしまうという人はいないでしょうか。その原因は夕食の量が少ないことかもしれません。短期間で痩せるために夕食を減らしても、夜食を食べてしまったら意味がありません。夜食を食べるくらいなら、夕食の量を増やして、夜食をやめてください。
どうしても食べずにはいられない時には、できるだけカロリーが低いもので消化の良い物を食べるようにしましょう。短期間で痩せるために、このような場合には高カロリーのスナック菓子ではなく、ところてんや野菜スティックなど低カロリーのものを夜食にするようにしましょう。