痙攣性便秘の解消法

痙攣性便秘の解消法

痙攣性便秘はストレスと睡眠不足により引き起こされます。このため、解消法として、ストレスの緩和と、きちんとした睡眠が有効です。ストレスにさらされていたり、睡眠不足だと、腸が引きつった状態になります。これが便の通りを悪くさせてしまうのです。 

痙攣性便秘の状態で、ストレスを抱えたまま放置しておくと、血圧や心拍数が上昇してしまいます。これが体に悪影響を及ぼします。また、ストレスを溜めたことによる痙攣性便秘の発症、それにより引き起こされるさらなるストレスにより症状の悪化という、悪循環にも陥ってしまいます。ストレスのない生活を心がけ、睡眠不足を確保して、解消に努めましょう。 

ストレスの感じ方は人それぞれです。毎日の生活により、知らず知らずのうちに、ストレスが蓄積されてしまうこともあります。ライフスタイル全体を見直し、ストレスフリーな生活を実践したいものです。仕事が忙しすぎたり、不規則な生活をしていることによっても、ストレスは溜まります。自律神経の働きが乱れ、今までよりも、ストレスを感じやすくなります。そうすると、どんどん気持ちが内向きになってしまいます。難しいことですが、嫌に思ってもあまり気にしない、くよくよしないなど、気持ちの切り替えを実践していくと、ストレス改善に役立ちます。 

食物繊維は、ただでさえストレスにさらされている痙攣性便秘の腸に、さらにストレスを加えてしまいかねません。解消のために食物繊維を摂取するなら、作用がマイルドな水溶性食物繊維を摂取しましょう。