弛緩性便秘の解消法

弛緩性便秘の解消法

弛緩性便秘を解消するには、腹筋をつけることが効果的です。弛緩性便秘の特徴として、排便をしても、便が残っているような感じがしたり、いつもお腹が張っている感じがします。これが、腹筋不足により、便を体外に排出する力が弱まっているためです。腸から便を押しだす力が弱まっているため、便が残っていたり、お腹が張った感じがするのです。弛緩性便秘を解消するために、筋力をつけていきましょう。運動不足は腹筋力をどんどん弱めてしまいます。 

弛緩性便秘の解決法として、ダイレクトに効くのは、腹筋力アップのためのエクササイズです。腹筋運動などはその最たる例です。腹筋運動をつらいと感じるなら、もっと負荷の低い方法で筋力アップを狙うエクササイズを行っても良いでしょう。歩く量を増やすことも、腹筋力の向上につながります。毎日、意識的に歩くようにしましょう。激しい運動を無理に行っても、体を傷めるだけです。つらくない範囲で、毎日続けるようにしましょう。 

食物繊維の摂取も、弛緩性便秘の解決に役立ちます。ダイエットのために食事の量を減らしたり、食べやすいものばかり食べていると、便の量が減ってしまいます。食物繊維には便のかさを増やす働きがあります。食物繊維を摂り、弛緩性便秘の解消に努めましょう。食物繊維を多く含む食品は、野菜や海藻類、豆類、イモ類などです。これらの食品は低カロリーな上に、豊富な食物繊維を含んでいます。食物繊維は善玉菌を増やし、腸内環境を正常化する力もあります。