腸内環境を良くする

腸内環境を良くする

腸内環境を良くすると、便通が良くなるので、体内の老廃物がすっきりと排出出来て、肌荒れや肥満などの改善が期待出来ます。また、便秘による毒素なども発生しないため、体内のあらゆる器官の働きも活性化されます。つまり、腸内環境を良くするということは、お肌にも体にも良い効果が現れるということです。

ただし、自分の腸内環境と言うのは目に見えないので、どのようにケアすればいいのかわからないという方もいるでしょう。腸内の環境を司っているのは、腸内細菌です。腸内にはたくさんの細菌が住んでいますが、その中でも腸内環境を良くするのに欠かせないのが乳酸菌です。乳酸菌は善玉菌とも呼ばれる腸内細菌で、腸内を整えるためにいろんな働きをしてくれます。

その働きの中でも代表的なのが排便です。便が腸内に留まっていると、悪玉菌がこれを餌にして増殖したり、便に住み着いて有毒ガスを発生させます。悪玉菌が優勢になって、有毒ガスが発生すれば、当然ですが腸内環境は悪化します。ですから、正常な排便を促す乳酸菌は、腸内環境を良くしてくれる大切な菌なんですね。

乳酸菌は、ヨーグルトなどの乳製品をはじめとして、漬物などにも含まれています。ただし、ほとんどの乳酸菌は、腸にたどり着くまでに胃酸で死滅してしまうので、その効果を発揮出来ません。最近ではいろんな研究が進んだので、乳酸菌を生きたまま腸まで届ける健康食品も開発されています。生きた乳酸菌を摂取して、腸内環境を良くすることで、肌トラブルや肥満、健康状態の悪化などを改善していきましょう。