妊娠中の便秘を改善

妊娠中の便秘を改善

妊娠すると、黄体ホルモンの分泌によって便秘をしやすくなります。黄体ホルモンが便秘の原因となるのは、腸の運動を低下させるからです。着床して間もない赤ちゃんは、腸があまり活発に働きすぎると流れてしまう危険性があるので、黄体ホルモンが腸の働きを抑制するのです。これは、赤ちゃんにとっては良いことなのですが、排泄が必要な母体にとっては苦しいこと。

もちろん、便が腸内に留まっているのも体によくありません。便にはいろんな老廃物が含まれていて、これが腸内に留まると有毒ガスを発生させます。このガスは、血液などに含まれて体内を巡り、体のいろんな機能に対して影響を与えます。母体の健康状態が悪化するということは、当然ですが赤ちゃんにも悪影響を及ぼすものなので、便秘改善をする必要があるのです。

便秘解消の一番簡単な方法は、とりあえず便秘薬を使用することです。しかし、妊娠中というのは気軽に便秘薬を使用出来る体ではありません。ですから、妊娠中の便秘改善をするには、母体と赤ちゃんに負担をかけない方法を選びましょう。

妊娠中は、薬はもちろん、運動やマッサージ、食事なども制限が多くあります。そのため、普通の便秘改善方法では、実践出来ないものも多いので、便秘に悩んでいる方も多いでしょう。自分の体調や赤ちゃんの状態をしっかり見ながら、出来る限り自然な状態で排便するのが理想です。まずは、体に害のない乳酸菌を摂取したり、トイレタイムを習慣づけるなどの方法がオススメです。