LG21

LG21

市販されているヨーグルトを見てみると、LG21という乳酸菌が配合されている商品が、販売されていることに気が付くでしょう。LG21という乳酸菌は、2000年に明治乳業が、製薬会社や東海大学の医学部などと共同研究をして、開発した新しい菌種のことを言います。LG21には、胃の中に生息しているケースもあるピロリ菌に対して、その働きを抑制する効果が期待されています。

胃というのは、強烈な酸を持っている胃酸が分泌されています。このため、胃の中では細菌類は生息することができないというのが、一昔前までは、定説とされていました。しかしそれが、ピロリ菌という細菌が胃の中で生息することが発見されて、常識が覆されることになりました。しかもピロリ菌は、胃の粘膜の中に侵入をして、生息し、しかも胃に対して悪影響を及ぼすことも分かってきました。

そこで、ピロリ菌対策をする必要が生じています。そこで現在、注目されているのが、LG21という乳酸菌なのです。LG21はピロリ菌の働きを抑制する効果が期待できるということは、既に報告されています。まだ、特定保健用食品としての認可は得られていない状態ではあります。それでも、除菌性や感染防御性についての特許は既に取得をしていますので、その効果はほぼ実証されているといっていいでしょう。

LG21が配合されているヨーグルトは、スーパーなどでも手軽に購入できます。甘味などが抑えられているのですが、ヨーグルト独特の酸味が強いところもあります。ヨーグルトが苦手な人は、そのまま食べるのは厳しいかもしれません。