ビフィズス菌の効果

ビフィズス菌の効果

ヨーグルトに含まれている乳酸菌で、知名度のある種類にビフィズス菌があります。ビフィズス菌という言葉を聞いたことがあるという人は、多いはずです。ビフィズス菌は、腸内の善玉菌の中でも、主要な存在といえます。ビフィズス菌が多くなることで、悪玉菌よりも腸内環境が有利になり、便通を良くする効果が期待できます。

またビフィズス菌には、糖を分解する働きがあります。糖を分解すると乳酸や酢酸、ギ酸といった成分が生み出されます。こちらが産生をすることで、悪玉菌の増殖を抑制する効果もあります。さらにビフィズス菌の存在そのものも、悪玉菌、特に大腸菌の増殖を抑制します。ですから、腸内環境を整えるためには、ある意味欠かせない存在といえます。

ビフィズス菌を摂取するときには、ヨーグルトで食べる人が多いでしょう。この時ヨーグルトの中に、砂糖を入れて食べている人も多いのではないでしょうか?もしそうであれば、砂糖ではなく、オリゴ糖と一緒になって、接種をすることをお勧めします。オリゴ糖は、ビフィズス菌からしてみると餌になる存在です。

つまり、オリゴ糖と一緒にビフィズス菌を摂取することで、必要なエサを食べながら体内を巡れるわけです。ですから、元気な状態をキープしながら、胃腸まで到達できるわけです。ほかにも、ビフィズス菌には食物繊維が餌になることがわかっています。ですからビフィズス菌を摂取するときには、食物繊維もしくは、オリゴ糖と一緒に摂取することをお勧めします。