不溶性食物繊維

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は、水に溶けない食物繊維です。セルロースやヘミセルロース、リグニンなどが、不溶性食物繊維に分類されます。 

便秘を解消するために食物繊維を摂取すると良いと言われます。一般的に食物繊維と呼ばれるものは、不溶性食物繊維です。不溶性食物繊維は、よく噛まなければ飲み込めない食べ物に含まれていることが多いです。よく噛まないといけないため、他の食品よりも満腹感が得られやすくなります。胃の中にも長くとどまるので、腹もちが良いのも特徴です。 

不溶性食物繊維は水に溶けません。それどころか、水を吸収しながらどんどん膨らんでいきます。腸に達するころには、数十倍にまで膨らんでいます。膨張した不溶性食物繊維は、腸壁を刺激し、蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進します。これにより、排便が促されるのです。不溶性食物繊維は、水をタップリ吸っているので柔らかいです。そのため、不溶性食物繊維を食べると、柔らかい便が出やすくなります。 

不溶性食物繊維が含まれている食品は、インゲン、干し柿、ぜんまい、ゴボウ、グリーンピースなどです。 

不溶性食物繊維は、便を柔らかくして、便秘を解消する効果以外に、ダイエット効果もあります。腹もちが良いため、空腹感を感じにくくなります。便が出やすくなるため、脂肪も排出されやすくなり、体脂肪も減少していきます。便秘解消のためにも、美容のためにも、普段の食事から意識して摂取したい成分です。