妊婦の便秘を改善する方法

妊婦の便秘を改善する方法

妊婦になると、ほとんどの人が便秘になります。女性はもともと便秘になりやすい体質なのですが、妊娠すると、いくら全く便秘をしたことが無いという方でも便秘を経験します。妊婦が便秘になるにはいくつかの原因がありますが、誰でも便秘になってしまうのは、黄体ホルモンが大量に分泌されるからです。黄体ホルモンは、大腸の働きを抑制するという作用があります。

これは、大腸が活発に動くことで流産をする確率が高くなるためで、だからこそ妊娠すると体は黄体ホルモンをたくさん分泌するのです。ですから、ある意味、妊婦が便秘になるということは、流産をする可能性が低くなるということになります。でも、便を溜めすぎてしまえば、普通の人と同じように有毒ガスが発生しますし、腸内環境が悪化して正常な消化活動が出来なくなります。これは赤ちゃんにも悪影響を及ぼしてしまうので、便秘改善をする必要があります。

ただし、妊娠している体というのは、普通の状態ではありません。ですから、一般的に言われる便秘改善を自己判断で実行するのは危険です。便秘薬を飲むなどは論外ですが、お腹をマッサージしたり、腹筋運動をするのもよくありません。

基本的にお腹に対して余分な刺激を与えて、腸の働きを活性化させるようなことは止めましょう。病気ではありませんが、妊婦は体質や体調が変化しやすいものなので、あまりにも便秘がひどい場合には、まずはかかりつけのお医者様に相談してください。